吃音を改善させる方法!TOP > 悩み > 転職すべきなのか?

吃音があると仕事で不利?転職すべき?


吃音があると仕事で不利?転職すべき?

吃音の方が就職できたとしても問題はその先です。

どもりがあるから仕事で失敗することもあるでしょう。

それが一度や二度ではなく頻繁に・・・。

上司からは当然、怒られる。

そうなると、

自分はこの仕事に向いていないんじゃないのか?

こんな感じで転職の事を考えるようになります。

そこで、ここでは・・・

  • 吃音があると仕事で不利なのか?

  • 転職したい本当の理由は吃音なのか?

  • 転職した方がいい場合について!


これらを解説しています。

今現在、転職を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

※吃音で就職できない人はコチラ


吃音があると仕事で不利なのか?


一般的に考えると・・・

吃音があると仕事で不利になることは多い!

これは確かです。

お客さん相手にどもって喋るとなると仕事になりませんからね。

問題は、なぜ、この会社で働いているのか?

吃音を気にしているなら、最初から会話を必要としない職場に就けばいいだけの話です。

仕事によっては、会話を必要としない場合も多くありますからね。

でも、もし・・・

吃音を克服するためにあえて人と話をする職業を選んだ!

というなら、すこし我慢した方がいいかもしれません。

なぜなら、吃音を克服すると言う目的は達成していないからです。

しかし、転職したいというには、他にも理由はありますよね。


転職したい本当の理由は吃音なのか?


あなたもおそらく就職したばかりの頃は、やる気はあったでしょう。

しかし、様々な問題から仕事が嫌になってしまった。

例えば・・・

・仕事が厳しい
・残業が多い
・休みが少ない
・ノルマが達成できない
・出張や転勤が多い
・仕事が自分に合わない
・職場の環境や待遇が悪かった
・給料が安い


など、挙げればきりがありません。

仕事は、遊びではないので、それなりに厳しいでしょう。

自分が思っていたのとは違った・・・。

もっと楽な仕事かと思っていた・・・。

こんなケースはよくあることなんですね。

つまり、転職したい本当の理由は、吃音ではないってこと!

別に転職はいけないとか言っているわけではありませんよ。

私が言いたいのは・・・

転職しても、仕事はつらいし、お金を稼ぐのは楽ではない!!

ということです。

また、転職したとしても、同じような理由で仕事が嫌になります。

そうなると職を転々とすることになるので気をつけなければいけません。


転職した方がいい場合について!


吃音がある方が転職した方がいい場合って何があるのか?

どのように見極めればいいのか?

これは・・・

職場の同僚や上司と上手くやっていけそうかどうか?

ここが大きなポイントになります。


転職した方がいい場合は・・・

・あなたが頑張っても上司は評価してくれない

・吃音のことを理解しない同僚や上司がいる

・吃音があるからとバカにする人がいる


こんな場合は、良い会社とは言えませんよね。

このような場合には、転職することお勧めします。

逆にあなたの事をしっかり評価してくれる上司がいる場合や馬が合いそうな同僚がいるなら、簡単に転職しない方がいいでしょう。

・・・・

偉そうなことを言う私も実は吃音で悩んでいた1人。

しかし、今では吃音の回数もぐっと減りました。

仕事だって普通にこなしているし、不安なことはありません。

こんな私はなんで吃音を克服できたのか?

その秘密をこちらでお伝えしています。

吃音が改善した秘密をこっそり公開しています!