吃音を改善させる方法!TOP > 対策 > 催眠療法について!

催眠療法で吃音は治るのか・・・


吃音・催眠治療

吃音の症状って、自分ではなかなか思うように改善されないですよね。

そんな方は、催眠療法で改善を試みるのもいいと思います。

治療でどもりの症状がなくなればすごく助かりますからね。

でも、催眠療法って一体どんなことをやるのでしょう。

吃音を改善したい方なら興味ありますよね。

そこで、こちらでは・・・

  • 催眠療法で吃音が改善する理由

  • 催眠療法のデメリットについて!


これらをお伝えしていきます。

吃音を改善させたい人は、ぜひ参考にしてみてください。


催眠療法で吃音が改善する理由


そもそも、催眠療法ってどんな方法なのでしょうか?

簡単に言えば・・・

●催眠療法は・・・
催眠療法士やセラピストにより、カウンセリングが行われる治療法。


と思ってください。

なぜ、催眠で吃音が改善していくのか?

これには、吃音になる原因を理解する必要があります。

吃音という症状は・・・

神経症に分類されているんですね。

また、吃音患者は、「自分はどもる」と自覚があります。

なので、精神的にも緊張している状態と言っていいでしょう。

そして、その状態が強ければ、悪循環となり、さらにどもりの症状は悪化していきます。

そこで、催眠療法では・・・

無意識のうちに緊張を解いて、心を解放した状態にさせます。

何をやるかと言えば・・・

どもっていると言う認識を排除させる

潜在意識にスラスラ話すプラスイメージをインプットする


このような事を行っていきます。

自分はどもっていない、緊張していないと言ったことを頭に叩き込むわけですね。

催眠療法は、このような治療で、吃音の改善を図っていきます。

ちなみに、アメリカの医療機関では、この方法を取り入れて、吃音が改善された例が多く報告されています。


催眠療法のデメリットについて!


催眠療法を行えれば、吃音も改善されてメリットが大きいと思いますよね。

でも、デメリットもあるんです。

それは・・・

効果のない人もいると言う事!

この治療法を行っても、全く効果がない方がいるのも事実です。

その違いは、催眠にかかりやすい人とそうでない人がいるってことですね。

また、催眠療法は、一回だけ行えば改善するものではないので、何回か通う必要があります。

それでも、催眠療法の治し方は、特に薬を使うわけではないので、副作用などの心配はありません。

催眠療法士の相性もあるので、
効果がなかった場合は、別の催眠療法士に頼ってみるのもいいでしょう。


ちなみにこの方法だけでは、なかなか改善されないこともあるでしょう。

そんな場合は、別の治療法や改善方法を試すのもいいと思います。

いずれにせよ、吃音を克服するにはそれなりに時間もかかる思ってください。