吃音を改善させる方法!TOP > 知識 > いじめに遭う?バカにされる場合は?

吃音があるといじめに遭う傾向が強い


吃音でいじめに遭う?

吃音がある方は、いじめに遭うケースもあります。

ただでさえ、会話でコミュニケーションがとれないのに・・・。

本当は、普通に話をしたいけど・・・。

喋り方が人と違うので、バカにされることも多いでしょう。

そこで、ここでは・・・

  • いじめに遭った時の対処法

  • 楽観的に生きるコツ


これらについて解説しています。

吃音で、いじめに遭っている人は、ぜひ参考にしてみてください。


いじめに遭った時の対処法


吃音の症状があると、いじめにまで発展する場合もあります。

もちろん、いじめの行為は許されるものではありません。

では、イジメに遭いそうな場合は、どうすればいいか?

具体的には・・・

・その場を離れる
・言い返す
・親に相談する


などがあります。


その場を離れる


いじめに遭いそうな場合は、その場を離れるようにしましょう。

体を傷つけられることもあるかもしれませんからね。

また、いじめてくる人に近づかないことも大事です。


言い返す


あまにもひどいと感じた場合には、言い返すことも必要でしょう。

勇気を出して・・・

「やめろ」
「やめてください」
「もうちょっかい出さないでください」


このように言い返すようにしましょう。


親に相談する


いじめが酷い場合は、親に相談するのも1つの対処法です。

ただ、多くは、親に心配をかけたくないと思っています。

なので、誰にも相談しないで、1人で問題を抱えたままにする。

これでは、悪い方向に向かうばかりで何一つ問題は解決されません。

先生に相談しても、学校側は事実を隠蔽する事が多いのも事実です。

なので、まずは親に相談してみてください。


楽観的に生きるコツ


楽観的に生きるとイジメがなくなる

どうしても喋り方がおかしいとバカにする人はいます。

それでも、あなたのことをフォローする人もいるでしょう。

そんな人は、別にあなたの事をイジメたいとは思っていません。

なので、人を見極めることも大事です。

それに、考え方を変えると気持ちがラクになることがあるんです。

それは・・・

楽観的に生きること!

バカにされる方は、物事を悲観的に考える人が多いんですね。

悲観的に考えれば、生きていても楽しいはずがありません。

どうせイジメられるからと思えば、良い話なんてやってきません。

そこで、物事を楽観的に考える作戦です。

もし、バカにされるのであれば・・・

「自分は、人気があるから、みんなが言い寄ってくるんだ」

このように思えば少しは気も楽になってきますよね。

イジメ=人気者

バカにされる=お笑い向き


このように考えてみるのもいいかもしれません。

そうすれば、気も楽になりますからね。

この方が楽観的で生きていて楽しいです。

考え方を変えるだけで、吃音の悩みも案外簡単に治るかもしれませんよ!